Menu
Upcoming News
26-12-2012
2013年度 CSPT2013 開催のお知らせ
04-04-2013
第10回SPTS開催のお知らせ
 
Seminars->CSPT2011(全会場)

 

CSPT2011

クリニカルスポーツ理学療法

 

スポーツ外傷・障害に対するリハビリテーションをテーマとし,実践的なセミナーシリーズを開催いたします。2011年は新たに広島会場での開催が決定しました。また、今回より従来のCSPTシリーズに加え、ストレッチポールを用いて体幹を整える、特別編コアセラピーセミナーを取り入れた全8回のボリュームある内容となっております。

 

部位別に4つのテーマを設定し、各テーマごとに2日間にわたって基礎的な知識の習得から徒手療法を含む治療技術までを講習いたします。理論と実技を同時に学べる内容となり、翌日から臨床で活かせる構成ですので、研修を目的としたご参加は勿論、経験を積まれた先生方にも満足頂けるセミナー内容となっております。

 

評価とリハビリテーションについては,関節疾患特有の関節のマルアライメント,キネマティクス異常を正確に判断し,それに対して的確に矯正する治療法をご紹介します。その一部はリアライン・コンセプト(www.ReaLine.info)にも記載されています。

 

2010年度開催セミナーも、参加された受講者様より大変ご好評の声を頂いております。今年度も多くのお申込みが予想されますので,ご参加をご希望の方は、お早めにご登録をお願い致します。なお,2月初旬よりご登録受け付け開始を予定しています。

  

セミナーお申込みはこちらのページから→ http://www.glabshop.com/

 


■対象  

スポーツ医療・リハビリテーションに興味を持つ医師、理学療法士、理学療法学生、リハビリテーション助手、トレーナー、柔道整復師、鍼灸師などです。お誘い合わせの上、多数のご参加をお待ち申し上げております。

 

■到達目標

このセミナーを企画するに当たり次の内容を到達目標としています。 

1)リアライン・コンセプトについて理解する。

2)関節の静的・動的マルアライメントの評価法を理解し,実施できる。

3)関節の静的・動的マルアライメントがもたらす機能異常の解決法を理解し,実施できる。

4)各部位の代表的なスポーツ外傷・障害のリハビリテーションプログラムを構築できる。

5)基本的な治療手技を理解し,すぐに臨床で実施できる。

 

■テーマおよび日程

CSPT2011 日程

 

 テーマ
横浜
札幌
広島
足部・足関節1
5月21日(土)
6月18日(土)
4月24日
足部・足関節2
5月22日
6月19日
6月12日
膝関節1
6月25日(土)
11月12日(土)
7月24日
膝関節2
6月26日
11月13日
8月7日
コア(腰痛・骨盤痛)1
9月3日(土)
8月20日(土)
9月24日(土)
コア(腰痛・骨盤痛)2
9月4日
8月21日
9月25日
肩関節・肘関節1
7月30日(土)
1月7日(土)
12月11日
肩関節・肘関節2
7月31日
1月8日
1月22日
  

 

 札幌会場・横浜会場

土曜日:13:30受付開始,14:00-20:30 講習

日曜日:9:15受付開始,9:30-17:00 講習

 

 広島会場

土曜日:13:30受付開始,14:00-20:30 講習

日曜日:9:15受付開始,9:30-17:00 講習


 

■スケジュール&セミナーの流れ

1
 1) 解剖学・運動学・バイオメカニクス
 2) EBMと病態評価
 3) 機能評価
 4) リハビリテーションプログラム

 

<内容>  

各関節の代表的なスポーツ疾患を取り上げ,その部位の解剖学、運動学、バイオメカニクスを講習した上で、代表的疾患のEBMと評価、機能評価の概要、リハビリテーションプログラムの基本について講習します。「病態評価」では,主に疾患が発生した結果として起こる問題(炎症,疼 痛,筋力低下,可動域制限など)を正確に把握することを目的とします。「機能評価」では,主に疾患の原因または疾患の治癒や機能回復を妨げる原因となっている要素についての評価を行います。

  
2
 1)病態評価
 2)機能評価
 3)リハ:リアライン
 4)リハ:スタビライズ・コーディネート

 

<内容>  

1日目の座学の知識をもとに、具体的な評価とリハビリテーションについて実技講習を行います。前半の評価では、病態評価と機能評価に分けて、それぞれ重要な評価技術を確実に習得していただきます。後半のリハビリテーションでは、リアライン・コンセプトに沿って、リアラインとスタビライズに分けて実技講習を行います。リアラインでは、エクササイズ(運動療法)、デバイス(補装具)、マニュアル(徒手療法)について学びます。


■講師

コーディネーター・全会場講師:蒲田和芳(広島国際大学理学療法学科准教授)

横浜講師:小林匠(横浜市スポーツ医科学センター)

札幌講師:小林匠(横浜市スポーツ医科学センター)

広島講師:山内弘喜(広島国際大学),窪田智史(広島国際大学)

コア1+2(腰痛・骨盤痛):杉野伸治(貞松病院)

      

■会場

横浜会場: 横浜市スポーツ医科学センター

札幌会場: 札幌医科大学

広島会場: RCC文化センター・広島市南区民文化センター・広島県立広島産業会館・他

 

※ 施設の都合により講習会場が変更となる可能性があります。その場合はメールおよびウェブサイトhttp://www.glabshop.com/

 にてお知らせいたします。

 

■定員  

毎回先着100

 

■参加費         

8回全て参加の場合:100,800 ⇒ 80,000 <推奨>・・・2月より受付

2日間セット受講の場合:21,000円・・・3月より受付

・1回あたり:12,600円・・・4月より受付

 

 

■権利の譲渡について   

セット参加を申し込まれてご都合が悪くなった場合は,受講の権利をご同僚などに譲渡していただくことが可能です。満員となる可能性がありますので,複数回のご参加を検討されている場合は,8回参加にお申込みくださることを推奨いたします。

   

■資料について

CSPTの受講者には、事前にハンドアウトをPDFファイルにて送信いたします。通常は、セミナー当日の3日前(水曜日)までには送信する予定です。

   

■申込方法

ジーラボショップ(www.GLABshop.com)よりお申込みください。

  2月中は8回セット受講のお申込みを先行しております。

  2日間セット受講のお申込みは3月より受付開始、1日ごとの受講のお申し込みは4月より受付開始となります。


 

■主催・問い合わせ  

スポーツ理学療法セミナー事務局(株式会社GLAB) seminar@g-lab.biz